引っ越し費用

MENU

大手引っ越し業者の費用を下げるには?

 

某大手業者にて引っ越しをしました。

 

引っ越しの1カ月くらい前に、かなりたくさんの引っ越し用の段ボールを届けてもらえました。

 

春頃だったので、冬物はすぐに荷造りができて良かったです。

 

夫の仕事の都合で、土曜日に引っ越しをしたかったのですが、午後からにしてもらったら、費用がお安くなりました。

 

また、処分に困っていた家具も、引っ越し当日に処分してもらえて、手間も省けて本当に助かりました。

 

当日は、小雨が降り続いていましたが、作業員の皆さんは、テキパキと一生懸命仕事されていて、清々しかったです。

 

この業者さんに頼んで良かったなぁと思いました。

 

引っ越し費用を徹底的に抑えるポイント

業者さんが、帰られた後は、夫と二人、近所のコンビニで買ったお蕎麦を食べました。

 

やっぱり引っ越しと言えば、引っ越し蕎麦です。

 

賃貸物件に引っ越すなら、その物件を契約した不動産屋さんに仲介してもらうと、引っ越し費用がお安くなることがあるみたいです。

 

分譲物件の場合は、ハウスメーカーさん経由で!

 

私はハウスメーカーさんに紹介してもらった業者に頼んだら、かなり値引きしてもらえました。

 

何かと物入りな時だったので、引っ越し費用が浮いて、本当に助かりました。

 

引っ越し用のトラックが大きいほど、費用が高くなってしまうので、自分たちで運べるものは頑張って自分たちで運んで、なるべく小さなトラックにしてもらうと良いと思います。

 

どの部屋に運びいれるか決まっていない荷物を一時的に置く時に使うために、大きめのバスタオルやシーツのようなものを少し用意しておくといいかもしれません。

 

引っ越し費用値下げのポイント

不用品を費用の足しに

とにかく、引っ越すなら荷物を少なくするべきです。

 

半年着ていない服はリサイクルショップなどで売れば、引っ越し費用の足しにだってなります。

 

本なども実は捨てられなくて、たまっていく物の一つです。

 

ずっと持っていたい本以外、雑誌などは、必要なければ処分しましょう。

 

家具を捨てるなら前もって計画的に処分方法を決めておきましょう。

 

私は引っ越しの直前になって自宅へリサイクル業者に買い取りに来てもらい、買い取りを断られ、逆に大金を支払って処分してもらったことがあります。

 

もし、もっと早くから粗大ゴミの申請を出していれば大金を払うはめにはならなかったはずです。

 

粗大ゴミの処理は、時間が必要になるので、出来るだけ早めの段階で取りかかりましょう。

 

荷物整理=費用削減

引っ越しは何かと荷物が多く大変なものです。

 

要る、要らないをハッキリと事前に分け、要らないものはまとめて売ることが引っ越しのポイントです!

 

しばらく使っていないものや着ていない洋服は、この先も恐らく使用することはないと思います。

 

引っ越しは、引っ越し代に加え、賃貸の初期費用や挨拶品など何かと出費がかさみます。

 

少しでも引っ越し代のたしになり、且つ荷物も減るなら一石二鳥ではないでしょうか。

 

食器などを梱包する際には、新聞紙ではなくキッチンペーパーをお勧めします。

 

新聞紙だと、インクが食器につき、食器棚にしまう前に洗ったりと面倒ですが、キッチンペーパーだと食器が汚れることもないですし、新居の汚れを見つけた時に濡らしてサッと拭くことができます。

 

キッチンペーパーは意外に丈夫なので、掃除の際にかなり重宝しますよ。